入れ歯

ヒトは歯を失う事で実は色々な事を失っていきます。

たとえ歯が失なわれてもヒトは食べていかなければなりません。
そのため抜けたまま放置していてはもちろんの事、合わない入れ歯などを入れて無理矢理だましだまし噛んでいるうちに、噛み合わせがズレたり、顎が歪んできたりします。

実は上手く噛めない入れ歯の原因の大半がこの噛み合わせのズレ、顎の歪みなのです。

無痛デンチャー(入れ歯)システムとは、このズレや歪みを治すために練習用の入れ歯を装着し、1~3ヶ月以上の期間練習(リハビリ)をして顎がスムーズに動かせるようになってから本番の入れ歯を作るというやり方です。
練習(リハビリ)を入念にやる事で本番の入れ歯の完成後に全く痛みが出ないか、あるいは出てもごく僅かな調整で済みます。
また型採りや人工歯の性質、調整法も独特な方法で行うために長期的に安定が得られるのも大きな特徴です。
当院では平成3年の開業以来無痛デンチャーの作り直しは今のところゼロです。
当院ではご説明の際によく「足」に喩えます。
足に大怪我をして走れなくなった人がいるとします。
いきなりジョギングシューズを履けば走れるようになるでしょうか?
無理ですよね。
まず怪我を治し、徐々に練習をして筋力などを向上さえ、その後にやっと走れるようになると思います。

従来の入れ歯作りの方法は怪我が治るか治らないかのうちにいきなりシューズを履いて走り出すようなもの。
それでは上手く噛めなくても当然です。
無痛デンチャーではリハビリ用の入れ歯で納得がいくまで入念に練習をする事で入れたその日からきちんと噛める、食べられる入れ歯になります。

総入れ歯でご苦労されている方、痛みの無い入れ歯にご興味のある方ははぜひ一度ご相談下さい。
リハビリ用入れ歯(片顎) ¥30,000
無痛入れ歯(プラスチック製 片顎) ¥220,000
無痛入れ歯(金属製 片顎) ¥270,000